about

<<完売しました。ありがとうございます!>>

2014年に新規就農したみかん農家です。きよちゃんは伊勢から、あいちゃんは北海道から福岡を経て、三重県に移住しました。

できるだけ農薬を使わず、町内特産品の干物の製造時にでる魚のアラを原料とした手作り肥料を畑に入れています。全ての資源を無駄なく活かして、元気なみかん・ポンカンを育てるためにどうしたらいいか、日々模索しながら、木のお世話してるところです。

2014年に グリーンツーリズム・インストラクター、自然体験活動指導者(NEALリーダー)の資格を取得。
2015年に 農村・漁村暮らしの魅力が体感できる体験プログラム「みかん畑でピクニック」を提供し始めました。
2016年から 山を整備するために町内の木を切り、定期的に炭焼きをしています。

できあがった炭と木酢をフル活用した、地域資源循環型の農薬・肥料に頼らない方法での果樹栽培に取り組むとともに、FEE認定 LEAF(Learning about forest)ローカルインストラクターとして、世代を超えて自然に親しみ、森を育て、持続可能な未来を選択できる人を育てるプログラムを、ミカン畑で実施していきます。

私たちが届けたいのは、みかんだけではありません。

みかんをきっかけに、遠い田舎の親戚みたいなお付き合いができたらいいな、と私たちは想っています。
伊勢志摩の暮らし、そして、人の魅力をミカンと一緒にお届けします。